ホームに戻る
Place de la Comédie en hiver © Marie Frayssinet

大成功な一日のトップ10

豊かでアクセスしやすい、貴重で熱烈、 唯一で誰もが納得。 モンペリエは楽しみいっぱいの目的地! 見てください、そして特に体感してください!

 

モンペリエ 楽しみいっぱいの目的地!


大成功な一日のトップ10

絶対に見逃せないコメデ ィ広場(PLACE DE LA COMÉDIE)で一杯

モンペリエの心臓部であるコメディ広場は絶 対に見逃せません。昔は、その形から卵広場 と呼ばれていましたが、今はヨーロッパにお ける最大級の歩行者天国の広場であり、オペ ラ・コメディーもあります。中心には1773年に 作られた「三美神 (les 3 Grâces)」の噴水 が自慢げに君臨しています。町の鼓動を感じる ために、見逃すことのできない広場です。

 

車なしでの体験

モンペリエは徒歩・自転車・路面電車でその魅力を 発見できる町です。ストレスや騒音とおさらば。町 の中心には車が走っていません。サンロック駅(St Roch)から歩行者天国が始まります。ストリートア ーティストやカフェテラス、色彩豊かな路面電車4 路線など、数多くの発見ができます。

フレッシュなアートをご褒美に

美術と現代アートでお悩みですか? 両方とも見逃 せません。ファーブル美術館はヨーロッパにおける 一番素敵な美術館の一つと言われ、ルネッサンス から現在までの作品を展示する一方で、現代アー トの芸術家ピエール・スーラージュ(Pierre Soulages)にささげた展示室もあります。また、2019 年6月に設立された新しい現代アートセンターMOCO は、世界のコレクターから集めた作品の企画展を開 催しています。アーバンカルチャーの愛好家は、こ のクリエイティブな都市 にある旧軍隊の倉庫地区 に、新たに設置されたア ール・トロピスム(Halle tropisme)を見逃さない でください。

 

中世の小道で迷子になる

モンペリエには、過去を誇れる中世の小道が数 多くあります。ヴァルフェール通り(Rue de la Valfère)、ブラ・デュ・フェール通り(Rue du bras de fer)、アルジャントリ通り(Rue de l'argenterie)は、あなたを過去に連れて行き、様 々な印象を体験させてくれるでしょう。 中世の小道を発見するためのおすすめは? 計画を 忘れて、狭い小道に迷ってください。クリエータ ー、古美術商、喫茶店などに加え、目の保養にギャ ラリーなどを備える丸天井お店でのショッピングな ど、時間を旅行してください!

近郊の自然を見学する

モンペリエ・メディテラネは、様々な色と環境がミ ックスされています。モンペリエと中心街の周りに は、大自然が広がっています。ぶどう畑、ハイキン グ道、海岸、1時間以内にあるピック・サン・ルー (Pic Saint Loup)、ラングドック(Languedoc)地方 の村々など。これらの景色を眺めるには最高の場 所はどこでしょうか? エトワール凱旋門(Arc de triomphe)や給水塔(Château d’eau)の上から。

建築物観光の際の逃避行

モンペリエを訪れて最初に衝撃を受けるのは、建物の多様性。ここでは、 各地区が他の地区と異なり、まるで1000年に渡る街の歴史を表現している かのよう。過去と現代の建築物が混在する中、中世の小道を進むと、ジャ ン・ヌーヴェル(Jean Nouvel)、ザハ・ハディッド(Zaha Hadid)、マッシ ミリアーノ・フクサス(Massimiliano Fuksas)など、世界的に有名な建築 家の偉業が発見できます。スタルク(Starck)の最新の建築もお見逃しな く。ル・ニュアージュ(Le Nuage)、藤本壮介のラルブル・ブラン(L'arbre Blanc)、ロンドンの建築家ファシッド・ムサヴィ(Farshid Moussavi)のラ・ フォリ・ディヴィンヌ(La Folie Divine)。

 

昼と夜の散歩

路面電車の4号線に乗って中心街を一周してモンペ リエの一番美しい遺産を発見する。ペイルー王家広 場(Place royale du Peyrou)、医科大学、パン塔 (Les Pins)とバボット塔(Babote)など。私たちのお すすめ? 夕暮れ時に街歩きをして、ライトアップ された至宝を見ること!

舌で地域を発見する

食を楽しむことなく、モンペリ エ・メディテラネを知り尽くし たとは言えません! 必ずやる べきことは?食事と情熱家との 出会いを組み合わせること:近 郊のぶどう畑の特産ワイン、モ ンペリエから20分にあるトー (Thau)流域の牡蠣製品、生産 者のオリーブとオイルなど。 さらにはレサック(Laissac) 、カステラン(Castellane) 、中心街、ジャック・クール (Jacques Cœur)や、近郊の レズ(Lez)市場などの直売市 場でのお買い物など。また毎年夏には多くの町で開 催されるお祭り(Estivales)と、お食事を堪能で きるナイトライフも忘れずに!

感動


一年中、どこでも、すべての時間!活気に満ちた、発泡性のモンペリエ・メディテラネは、その主要なイベントのリズムに生きています! 滞在とハイライトを組み合わせる、住んで、モンペリエメディテラネを共有するための良い計画!

 

2022年3月21日から27日までの世界フィギュアスケート選手権をお見逃しなく、極端なスポーツファンにとっても、2022年5月26日から29日までのFISEと夏の主要なフェスティバル:モンペリエダンス、フェスティバルラジオフランスモンペリエオクシタニー。

Accueil Vélo Office de Tourisme de Montpellier Méditerranée Métropole © OTC3M

一年中自転車で海や、天気のいい日には民営ビーチを目 指す

フォローしてください: